pagetop

BLOG

ガストロス「熟成牛 部位毎にあわせるワイン」

どうも!ゆうじです。

皆さんはお肉の部位って気にされたことありますか?

焼肉屋さんとかで、当然ながらお値段もそれぞれ違うし、特に柔らかさやジューシーさには大きな違いを感じられますよね。

ビールやハイボールも美味しいですが、熟成牛のステーキとなるとちょっと追求してみても面白い!

てなわけで

 

今日は部位毎にあわせるワインを意識してみよーって記事です。

 

我々がいつも使用している「赤城牛のモモ肉」を今日はフォーカスします。

・ナカニク
・ウチヒラ
・シンシン

この3つに絞りました。

 

外モモの筋肉って言っちゃーしっかりでっせ

「ナカニク」

・筋繊維が太く発達した筋肉
・噛めば噛むほど旨みがでる
・脂が少なく、大分部分が赤身でヘルシー

 

長期の発酵熟成との相性も良く、それにより柔らかくステーキとしても美味しく食べられます!

 

焼き上げるとー

どどん!うまそーですね、噛み締めたい

 

 

こちらには、このワインを

南フランス「DOMAINE DE L’HORTUS CLASSIQUE ROUGE, PIC SAINT LOUP BERGERIE DE L’HORTUS」

名前 長すぎ…

 

ブドウ品種:シラー・ムールヴェードル・サンソー

ナカニクのしっかりとした赤身に程よい果実味、スパイスが心地よい

 

 

内モモは外モモよりそりゃー柔らかいっちゃね

「ウチヒラ」

・脂分が部位の中で最も少ない
・熟成により柔らかさも際立つ
・程よい歯ごたえ、ザ・牛肉!

 

ドアップですが、赤身肉の良さがわかります。外モモと比べると筋繊維も細く、典型的な赤身を楽しむにもってこい!

 

そして焼きましょー

赤身の良さをしっかりと出すため、低温でじっくりと仕上げる!

 

 

 

 

そして、こちらにはこのワイン

 

スペイン・リオハSIERRA CANTABRIA Reserva 2011

程よい熟成感がちょうど良い

ブドウ品種:テンプラリーニョ

 

熟成によりワインのキメが細かく、シンプルな熟成牛とのバランスが秀逸!

 

 

 

芯の芯って名前もかっこいいね

「シンシン」

・なめらかな食感
・クセもなく脂もしつこくない
・上品でキメが細かく柔らかい

 

そしてやはり焼く

プルプルが良い感じ!細かい筋繊維が肉眼でもはっきりとわかる

 

 

こちらにはこのワイン

フランスボルドー CHATEAU LE TEMPLE 2012

ブドウ品種:カベルネソーヴィニヨン、メルロー、プティヴェルド

熟成感と程よい果実、スパイスが心地よい

 

なめらかな食感にはタンニンが溶け込んだワインがベストマッチ!綺麗な酸も全体を引き締める。

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

ガストロスではシンプルにソースを使わずにステーキをご用意してます。

そうです

ワインをソース代わりにしてもらえたら2倍楽しめます!

 

 

モモ肉ばかりを今回は扱いました!

場所が近い部位ですが、それぞれに味わいの違いがあります。

 

 

異なるワインをあわせていくと

 

 

確実に変人になれます

 

 

変態のご来店、お待ちしております!

 

ガストロスリンク

ホームページ

http://gastros.jp/

食べログ

https://s.tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13179892/top_amp/

一休レストラン

https://restaurant.ikyu.com/sd/105551/amp/

Facebook

https://www.facebook.com/gastros.jp/

Instagram

29_bistro_gastros

 

 

Written by