pagetop

BLOG

ガストロス「サフォーク種ラム肉のハンバーグ」

どうも!ゆうじです。

本日はガストロスの隠れ名品「ラム肉のハンバーグ」のご紹介です。

 

しかも

 

長野県産サフォーク種をぜいたくに使用!

素材の良さと配合のバランスにより、究極の一品となっております。

こちらは8月29日ガストロスの肉の日コースにてご用意できます。ぜひお問い合わせお待ちしております。

 

 

ふっくら、旨味じんわり、ラムフレーバーが包み込むハンバーグ

完成形はこんな感じです(前回のバージョン)

 

今年の8月29日は夏野菜とクスクスを添えてご用意します。
(上の写真とは仕上がりが異なります。)

 

も〜 めちゃくちゃ美味そーですよね!

 

 

約2週間の熟成をかけて旨味を凝縮させる

長野県産のサフォーク種

臭みがなく、上質なラム肉。国内ではあと北海道でしか肥育されておりません。

 

ガストロスの熟成庫は非常に菌の状態がよく、安定しています。

ここで約2週間ほどで味わいがきっちり決まる!

 

牛と比べてラムは個体が小さいので短い熟成でぴったり。

 

 

ちなみにモモ肉のいいところはこんなに綺麗

 

ハンバーグにする部位は多岐に渡りますが、スネ肉や肩周辺をつぶして使います。

 

 

ミンサーでgo!

 

 

 

羊肉の脂だけではハンバーグにした時にまとまりが良くないので、熟成豚の脂も混ぜる。

比率は状態を見ながらで、羊7:豚3か8:2くらいで。

 

 

 

 

玉ねぎ、塩胡椒、ナツメグ、クミン、オレガノ、タイム、パン粉、卵、牛乳を加え

ハンバーグのタネを練りこんでいきます。お肉の温度も上がらないように手早く。

 

 

 

 

完成形がこちら。うーん完璧。

 

 

 

 

 

今月末のご予約お待ちしてまーす。

そのほか、熟成牛タンやパクチーのせアラビアータも絶品!

 

 

またここでそれもご紹介するかも!

 

 

アデュー

 

 

ガストロスリンク

ホームページ

http://gastros.jp/

食べログ

https://s.tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13179892/top_amp/

一休レストラン

https://restaurant.ikyu.com/sd/105551/amp/

Facebook

https://www.facebook.com/gastros.jp/

Instagram

29_bistro_gastros

 

 

 

 

Written by