pagetop

BLOG

ガストロス誕生秘話

どうも!ゆうじです。

 

今日は全く違う角度の記事です。

退屈かもしれません。このまま閉じてもらって全然いいと思います。

 

 

 

続けているブログですが、こんな記事でもユーザー(読み手)が少しでも興味をもったり、役に立つものになればいいなぁと思いながらやっております。

 

 

興味あるかなぁ ないかもなぁ でもいっか、今日はこのまま。

 

 

タイトルにあるようにガストロス(この事業)が出来る頃のお話を今日は。

 

 

私、中村ゆうじと

社長、中村だいごは

約20年前に出会っております、出会っているだけで決して仲が良いわけでも、悪いわけでもなく関係が続いておりました。当時は同じ会社のグループで互いにバーテンダーとして最初出会いました。

同じ苗字ゆえに、少し不便なこともありますが、血の繋がりは全くありません。

ちなみに同い年で今年43歳、彼の白髪が増えているのは僕のせいです・・・

 

 

昔から

「最近、どお?」

1年か2年に一度連絡を取り合ったりする関係でした。

 

 

 

どんなタイミングだったか忘れましたが、ちょくちょく

「いつか何かしらでまた一緒に仕事できたらいいね」

と言っていたと思います。

 

 

時はずいぶんと経ち

自分の力のなさを実感しつつ

6年ほど前にも、だいごを呼び出しては色々相談に乗ってもらっていました。

 

 

 

その時にすでに彼は起業していたけど、まだ事業はスタートしておらず

僕も何かしら自分で始めようかと思っていたけれど、僕のビジネスプランはプランと呼べるものではなく、和紙より薄いペラペラな内容だったため、「こいつやべーな、絶対失敗するな」と彼は思ったことでしょう。

 

 

 

そんな惨めな姿がはっきりと浮かんだのかもしれません。

「一緒にやろう!」

と言ってくれたのです。

 

 

テレビ朝日前のスターバックスのテラス席で

その日は5月の青空が綺麗で、多分ですが5秒ほど考えたと思います。

 

 

 

 

「やろう!よろしく」

拾ってもらった身分なのに

えらそーに言いました・・・

 

 

 

 

いきあたりばったりな自分ですが

この日の決断ほど、自分にとってプラスになったことはないと

今でも思っております。

 

 

 

思い返せば、あの一言からガストロスができ

グリル東京もあるわけで。

 

 

 

言葉の力、それを押し出した心の大事さをひしひしと感じますね。

 

 

 

 

とはいえ

いまだに足を引っ張っております

早く恩返しをします!

 

 

Written by